PHPを学ぶ

【超初心者向け】PHPを学習する準備をしよう

【初心者向け】Webサイトが表示される仕組みをわかりやすく解説!という記事では、Webの基礎知識から、ブラウザやサーバーでのやり取りについて解説しました。

まだ読んでいない方は、ぜひ読んでくださいね。

Webサイトが表示される仕組みが理解できたら、いよいよPHPを使ったプログラミング学習に入りましょう。

しろねこくん
しろねこくん
Webについてなんとなくわかってきたぞ!早くプログラミングのやり方を教えてくれ!
まど
まど
それじゃあこの記事では初心者におすすめのPHPについて解説していくよ!

それでは、まずはPHPを学習する準備をはじめていきましょう。

PHPとは?

PHPの参考書
しろねこくん
しろねこくん
PHPってなんなんだ?
まど
まど
PHPはプログラミング言語のひとつで、Webサイト制作に特化しているんだ!

PHPは動的にWebページを作ることができるサーバーサイドの言語です。

他の言語と比べるとルールが簡単なため、比較的習得しやすいといわれています。

しろねこくん
しろねこくん
動的なページってどういうことだ?
まど
まど
ページ自体はひとつだけど、状況に応じて内容が変わるようなページのことだね。規模の大きいサイトはプログラムを使って自動でページを作っていることが多いよ!

PHPはかなりメジャーで人気がある言語のため、様々なサービスで使われています。

有名なものでいうと下記のようなサービスがPHPで作られています。

  • WordPress
  • Facebook
  • Yahoo
  • Wikipedia

どれも見たことがあるものばかりですよね。

しろねこくん
しろねこくん
どれも使ったことあるぞ!これらはPHPでできていたのか!

PHPは習得難易度が低く案件数も多いため、初心者におすすめの言語のひとつです。

PHPでできること

プログラミングコード
しろねこくん
しろねこくん
PHPがWebに向いてることはわかったけど、具体的にどんなものが作れるんだ?
まど
まど
PHPで作れるものは主にこんな感じかな。
  • ショッピングサイト
  • WordPressのテーマ・プラグイン
  • バッチ処理
  • スクレイピング
  • ファイル操作
  • API連携
  • SNSサイト
しろねこくん
しろねこくん
おお、いろんなことができるんだな。なかにはわからないものもあるけど…
まど
まど
まあ、基本的にWebサイトを動的に作れると思っておけば大丈夫だよ!

PHPとHTMLの関係を知ろう

PHPとHTMLには密接な関係があるので、まずはその関係性から理解しましょう。

まど
まど
Webサイトがなにでできているか知っているかな?
しろねこくん
しろねこくん
知ってるぞ!HTMLっていうんだよな。

Webサイトは基本的にHTMLという言語で書かれています。

HTMLとPHPの違い

HTMLとPHPはどちらもWebサイトを表示する際に使われる言語ですが、それぞれ下記のような特徴を持っています。

  • HTMLは常に同じ内容を表示する
  • PHPは状況に応じて内容が変化する

かなり重要な部分なので、それぞれ解説しますね!

HTMLは常に同じ内容を表示する

HTMLはWebサイトを表示するための言語ですが、その内容は常に同一で、静的ページといったりもします。

文字や画像がファイルに直接書き込まれているので、HTMLはいつ誰がどう見ても、常に同じ内容が表示されるということを覚えておきましょう。

PHPは状況に応じて内容が変化する

PHPもHTMLと同様、対応したページが表示されることは同じです。

しかし、大きな違いは「表示する内容を条件で変更できる」ということです。

例えば、条件Aでアクセスした場合はAの内容を、条件Bでアクセスした場合はBの内容を表示するといった具合です。

PHPはこんな場面で使われる

Webサイトはページの数だけHTMLファイルが必要になってきます。

小規模なサイトならこれで問題ありませんが、大規模なサイトになってくるとどうなるでしょうか?

まど
まど
たとえば普段使うショッピングサイトをイメージしてほしいんだけど、どんなページがあるかな?
しろねこくん
しろねこくん
んー、検索ページとか商品ページとかかな?

ショッピングには基本的に検索ページや商品ページがありますね。

ここでは商品ページに注目してみましょう。

何千何万とある商品のページのHTMLをひとつずつ作っていくというのは現実的ではありません。

しろねこくん
しろねこくん
途方も無い作業になりそうだな…

そこで登場するのがPHPです。

商品用のページをひとつ用意しておき、そのページにどんな条件でアクセスされるかによって内容を出し分けるようにプログラムを組んでおきます。

すると、ひとつのファイルであらゆるパターンの商品ページを用意することができるわけですね。

しろねこくん
しろねこくん
なるほど!考えたことなかったけど、うまく自動化してるんだな。
まど
まど
うん、PHPが使われているサイトはかなり多いんだ!

HTMLとPHPはセットで使われる

PHPはHTMLとの親和性が高いです。

PHPのコードはHTMLのコードの中に埋め込むことができ、それ以外の部分は通常のHTMLと変わりません。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>PHPサンプル</title>
</head>
<body>
        <?php echo "こんにちは!";?>
</body>
</html>

ここでPHP部分のコードを意味を覚える必要はありませんが、上記のコードでは「こんにちは!」という文字が出力されます。

このように、HTMLのコードの中に埋め込む形でPHPのコードを書くことができ、HTMLと協調しながら実行されます。

まど
まど
今回は簡単なプログラムだから1行だけど、実用的なコードになるともっと行数は増えていくよ!

 

PHPを学ぶ前にHTMLの基礎を身につけよう

PHPとHTMLには深い関係があるということがわかりました。

PHPの学習をスムーズに行うために、HTMLの簡単な基礎を身につけておきましょう。

まど
まど
実際に簡単なページを作る実践的な内容になっていて、作業自体も数分でできるからぜひご覧ください!
アイデアを追いかけるビジネスマン
【初心者向け】HTMLの基礎知識と書き方を身につけよう!HTMLに興味があるけど、書き方がわからないという疑問がありませんか?当記事では、HTML基礎知識から具体的な書き方まで、実践を経験しながら紹介します。これからHTMLについて学びたい方は必見です。...

PHP学習のためのエディターを準備しよう

まど
まど
PHPのプログラムはテキストエディタを使って書いていくよ!まずはパソコンにテキストエディタをインストールしよう。
しろねこくん
しろねこくん
テキストエディタ?メモ帳じゃだめなのか?

パソコンにはもともと、メモ帳などのテキストエディタがインストールされていますが、プログラムを書くならもっと高機能なエディタを準備した方が便利です。

プログラミング用のテキストエディタの特徴は下記。

  1. 機能性が高い
  2. 圧倒的な見やすさ
  3. カスタマイズ性がある

順番にみていきましょう。

機能性が高い

エンジニアにとって嬉しい機能がたくさんあります。

例えば下記。

  • コードの予測変換
  • 豊富な検索方法
  • コードのエラーを教えてくれる
  • ファイルの差分チェック
  • 行の入れ替え、複数行で同時操作

これらは機能の一部ですが、こういった細かい機能の積み重ねで圧倒的な作業効率の差が生まれます。

しろねこくん
しろねこくん
こんなに機能があるのか…!
まど
まど
プログラミングではこういう機能をたくさん使うからすごく大事なんだ!

圧倒的な見やすさ

例えば、特定の文字を色分けしたりハイライトをつけたりできます。

通常のエディタはどこに何を書いたかわからなくなることがありますよね。

また、コードを書くと要素ごとに色分けや分類がされ、どこまでがなんのコードなのかも視覚的にわかりやすくしてくれます。

複数の画面を分割できたりもするので情報を整理しやすくなりますね。

カスタマイズ性がある

プラグインを入れることで機能を拡張できます。

「こんな機能あったらいいな…」というものをプラグインで追加できるわけですね。

自分好みの効率的なテキストエディタを作ることができるため、拡張性は非常に大切な要素のひとつです。

おすすめエディタはSublime Text

私がおすすめしているのはSublime Textというテキストエディタです。

なぜなら、圧倒的に動作が軽いから。

その軽さから、低スペックのPCでも問題なく使用することができます。

プラグインを入れてカスタマイズができるので、動作に問題がない人は機能を拡張していくといいでしょう。

他のおすすめエディタは、PHP開発におすすめのテキストエディタ17選!OS別に紹介にまとめています。

機能面に関しては正直どのエディタもそこまで大差ないので、ご自身のPCのスペックに合うものを選べばいいかなと思います。

PHPの開発環境を準備しよう

まど
まど
テキストエディタの準備ができたら、PHPの開発環境を作っていこう!
しろねこくん
しろねこくん
開発環境?どういうことだ?
まど
まど
PHPはWebサーバーを用意しないと実行することができないんだ。

HTMLはファイルをパソコンに保存するだけで表示できますが、PHPはWebサーバー上にファイルを保存しないと表示することができません。

そこで、まずはPHPを実行するためのサーバーを用意しましょう。

といっても簡単です。レンタルサーバーを借りるわけでも新たにサーバー用のパソコンを購入するわけではありません。

自分のパソコン上で簡単にサーバーを構築できるツールを使います。

手順も簡単で、数分で完了できます。

Windowsの方はXAMPP、Macの方はMAMPというツールがおすすめです。

詳しいインストールの方法は下記の記事にて画像つきで紹介していますので、手順を見ながらやってみてください。

Windowsの方向け

【画像で解説!】PHPの開発環境構築|XAMPP編PHPを動かしたいけど動作環境が必要だと聞きました。どうやって環境構築すればいいのか教えて下さい。←こういった疑問に答えます。PHPを動作させるためには環境を用意する必要がありまして、今回はその環境構築の手順を解説します。初心者でも簡単にできるXAMPPを使ったやり方を紹介します。...

Macの方向け

【画像で解説!】MAMPのインストール手順|Mac編Macを使っているけどPHPの環境構築はどうするんだろう。簡単にできる方法はないかな。←こういった疑問に答えます。PHPの動作環境を構築するために、今回はMAMPを使った方法をご紹介します。簡単に5分程度でできるので、これからPHPを触ってみたいという方は必見です。...
まど
まど
作ったサイトを外部に公開する場合は、レンタルサーバーを借りたりサーバー用のパソコンを用意する必要があるんだけど、開発の学習のためなら自分のパソコンに環境を作ることが多いよ!
しろねこくん
しろねこくん
なるほど、簡単に構築できるけど、あくまで練習用なんだな!

PHP学習の準備:まとめ

今回の内容でPHPの学習を始める準備が整いました!

一見難しそうに見えますが、手順を見ながらやればそこまで難しくなかったのではないでしょうか。

次回からは実際にPHPのコードを書いて本格的な学習を始めていきましょう!

しろねこくん
しろねこくん
お!ついにプログラムを書くんだな!
まど
まど
理解しやすいよう、簡単な基礎から丁寧にやっていくよ!

それでは今回は以上です。プログラミング学習、楽しんでいきましょう!

次の記事へ »【PHP】簡単なプログラムを作ってPHPの基礎を学習しよう【フォーム編】